ブログ

身体の柔軟性...左右の違うのはなぜ?

こんにちは!ヒップスクールです!

腕や脚など、身体の左右差感じたことはありませんか?

いつも同じ脚を組んでいたり、同じ腕で荷物を持っていたりという日常生活からくるものがほとんどです。
左右の柔軟性に違いがある場合は、硬い方は柔らかい方の倍の時間をかけてストレッチをしましょう!

硬いからっと言って、無理に伸ばすのはNGです。

筋肉量と同じように、左右で差が生まれやすいのが骨格です。

骨格が歪んでいると、歩いたり、走ったりする際に左右の足にかかる負荷が変わります。

両足でバランスよく立っているようでも、つねに片足には大きな負担が掛かっています。

その結果、片方ばかり早く疲労したり、怪我に繋がりやすくなります。

 

まずは、日常を振り返って見てください♪

片方だけに重心がかかるような体制になっていないか、確認して見てください⭐︎

 

-ブログ

© 2022 HipSchool Blog