ブログ

トレーニング前の食事

こんにちは!HipSchoolです🍑

今日はお客様からよく聞かれる「トレーニング前の食事はどうしたらいいの?」という質問について、お答えしたいと思います!

 

トレーニング前の食事で大切なポイントは

空腹時を避ける

食事直後を避ける

糖質・必須アミノ酸を摂る

以上の3点になります。

 

【空腹時を避ける】

空腹時は、エネルギー源である糖質が不足しています。その状態で運動すると、糖質の代わりに体内のたんぱく質がエネルギー生成のために分解されてしまいます。

たんぱく質は本来、筋肉を作るための材料として使われるものです。エネルギー源として分解されてしまうと、筋肉が合成されなくなってしまいます。

【食事直後を避ける】

食べ物を消化する時、胃には多くの血液が必要となります。しかし食後すぐに体を動かしてしまうと、消化に必要な血液が筋肉に集中してしまうため、胃の働きは低下し、消化が悪くなります。

また食べ物が胃で消化されてエネルギーに変わるのは食後2〜3時間と言われているため、そのタイミングで食事をしておくと、トレーニング時に最大のパフォーマンスを発揮できます。

どうしてもトレーニング直前にしか食事を摂れない場合は、内臓に負担をかけにくくすぐエネルギーに変わりやすい、バナナなどが良いでしょう。

スポーツドリンクや、ゼリータイプの栄養補助食品などもオススメです。

【糖質・必須アミノ酸を摂る】

運動する時、体内で主にエネルギーとして使われる栄養素は糖質です。

糖質は体内に少量しか蓄えておけないことから随時補給が必要です。

糖質が不足すると、たんぱく質を分解してエネルギーを作るため、筋肉が合成されにくくなります。

そのため運動する前は、おにぎりやバナナなど糖質が多い食品を補給しましょう。

また運動時に筋肉のエネルギー源となるのが、必須アミノ酸のバリン・ロイシン・イソロイシン(BCAA)です。

必須アミノ酸は人間の体内で作ることができないため、食べ物から摂る必要があります。

BCAAは筋たんぱく質の合成を促進したり、分解を抑制したりする作用があります。

BCAAは牛肉やマグロの赤身、卵や牛乳などに豊富に含まれています。

トレーニング直前にしか食事が摂れない時や、手軽に摂取したい場合などはサプリメントを取り入れたり、トレーニング中の水分補給にアミノ酸ドリンクを飲むのも良いでしょう。

-ブログ

© 2021 HipSchool Blog