ブログ

夏バテを予防できる食べ物をご存知でしょうか?

こんにちは!ヒップスクールです!

最近は暑い夏が戻ってきましたが、体調はいかがでしょうか?

今年の夏を乗り切れるよう、今回は夏バテを予防できる食べ物をご紹介します!

 

まず、夏バテのメカニズムからお話しします!

夏バテとは『体が重だるい』『疲れやすい』『食欲がない』『寝不足』『やる気が出ない』など暑さによる体調不良の総称です。

なぜ夏バテになってしまうのか、原因の一つが温度差による自律神経の乱れが挙げられます。

夏は屋外の高温多湿な環境と室内の冷房が効いた環境の温度差で、体温調節を行う自律神経が乱れていきます。

自律神経が乱れることで、体温調節ができなくなると同時に胃腸の不調や睡眠障害などの体調不良を引き起こしてしまうことがあるのです。

 

また汗を過剰にかくと体内の水分と一緒に体に必要なミネラル(ナトリウム、カリウム、カルシウム)が排出されます。

水分やミネラルが汗とともに必要以上に排出され、失いすぎると脱水症状を引き起こす可能性があります。

 

では、夏バテを予防するにはどんな食事をすればいいのか?

まずは先ほどお話しした汗と一緒に排出されてしまうビタミンとミネラル、そして不足しやすいタンパク質です!

肉や魚、卵、大豆製品などのタンパク質ちビタミンとミネラルを含む野菜を毎食意識して取りましょう!

トマト、枝豆、パプリカ、ゴーヤなどの夏野菜は、ビタミンとミネラルが豊富なのでオススメしたい食材です!

 

最後に、ニンニク、わさび、ネギ、シソの葉、ミョウガなどの香辛料や香味野菜は食欲増進効果がありますので積極的に取り入れて見てくだせいね!

-ブログ

© 2022 HipSchool Blog